レプリケーションシナリオ

このページで

    Veeam Backup & Replicationは、ターゲット・ホストの場所およびデータ転送パスによって異なるいくつかのレプリケーション・シナリオをサポートします。

    オンサイトレプリケーション

    ソースホストとターゲットホストが同じサイトにある場合、オンサイトレプリケーションを実行できます。

    オンサイトレプリケーションには、次のレプリケーションインフラストラクチャコンポーネントが必要です。

    オンサイト・レプリケーション・シナリオでは、Veeam Backup & Replicationはデータ圧縮を実行しません。レプリケーショントラフィックは、同じバックアッププロキシ上で開始された2つのVeeamデータムーバーの間を、未圧縮のまま転送されます。

    レプリケーションシナリオ 

    オフサイトレプリケーション

    ソースホストがプライマリサイトにあり、ターゲットホストがDRサイトにある場合に、オフサイトレプリケーションを実行できます。

    オフサイトレプリケーションは、次の2つのデータパス経由で実行できます。

    オフサイトレプリケーションを計画する場合、レプリケーショントラフィック量を低下させてレプリカ設定を合理化するために、次のような高度な可能性を考慮します。レプリカシーディングレプリカマッピングネットワークマッピングおよびRe-IP

    直接のデータパス経由のレプリケーション

    オフサイトレプリケーションの標準的な要件は、Veeamデータムーバーの1つが本番サイト(ソースホストの近く)で実行され、もう1つのVeeamデータムーバーがリモートDRサイト(ターゲットホストの近く)で実行されることです。バックアップ中、Veeamデータムーバーでは安定した接続が維持され、WANまたは低速リンクを介する場合でも、中断なく操作することができます。

    直接パス経由のオフサイトレプリケーションには、次のバックアップインフラストラクチャコンポーネントが必要です。

    オフサイト・レプリケーション・シナリオでは、Veeam Backup & Replicationはデータ圧縮を使用します。ソースバックアッププロキシ上のVeeamデータムーバーは、VMデータブロックを圧縮し、圧縮形式でターゲットバックアッププロキシに送信します。ターゲットバックアッププロキシ上のVeeamデータムーバーは、VMデータを解凍し、ネイティブのVMware vSphere形式でデータストアに保存します。

    レプリケーションシナリオ 

    WANアクセラレータ経由でのレプリケーション

    速度が遅いWANリンクがある場合、WANアクセラレータのペアを経由してVMデータをレプリケートできます。WANアクセラレータは、VMデータ転送を最適化する先端技術を備えています。

    WANアクセラレータは、バックアップインフラストラクチャに新しい階層を追加します。ソースVeeamデータムーバーとターゲットVeeamデータムーバーの間の階層です。データフローは、ソースバックアッププロキシから、WANアクセラレータのペア経由でターゲットバックアッププロキシに転送され、最後にVMデータをターゲットホストに向かわせます。

    WANアクセラレータ経由でのオフサイトレプリケーションには、次のバックアップインフラストラクチャコンポーネントが必要です。

    WANアクセラレータ経由のオフサイト・レプリケーション・シナリオでは、Veeam Backup & ReplicationはVMデータを圧縮します。VMデータブロックはソースWANアクセラレータ上で圧縮され、圧縮形式でターゲットサイトに転送され、ターゲットWANアクセラレータ上で解凍されます。