ステップ3:リストアモードの選択

このページで

    ウィザードの[Restore Mode]で、必要なリストアモードを選択します。

    1. リストアモードを選択します。
      • VMを初期設定で元の場所にリストアする場合は、[Restore to the original location]を選択します。このオプションを選択すると、ウィザードの[Reason]ステップに直接進みます。
      • VMを別の場所または別の設定(vApp、VM名、ネットワーク設定など)でリストアする場合は、[Restore to a new location, or with different settings]を選択します。このオプションを選択すると、Instant Recoveryウィザードには、VM設定をカスタマイズするための追加のステップが表示されます。
    1. 元のVMに割り当てられたタグを復元して、復元済みのVMに割り当てる場合は、[Restore VM tags]チェック・ボックスを選択します。以下の条件が満たされると、Veeam Backup & ReplicationはVMを元のタグと一緒に復元します。
      • VMが元の場所にリストアされる。
      • ソースvCenter Serverで元のVMのタグを引き続き利用できる。

    ステップ3:リストアモードの選択