パフォーマンスエクステントからのバックアップの退避

このページで

    スケールアウトバックアップリポジトリからパフォーマンスエクステントを削除する場合は、最初にこのエクステントからバックアップを退避させる必要があります。バックアップを退避させる場合、Veeam Backup & Replicationがこのパフォーマンスエクステントのバックアップファイルを、同じスケールアウトバックアップリポジトリに属する他のパフォーマンスエクステントに移動します。

    バックアップを退避させる前に、このパフォーマンスエクステントをメンテナンスモードにする必要があります。詳細については、「メンテナンスモードへの切り替え」を参照してください。

    バックアップファイルをパフォーマンスエクステントから退避させるには、次の手順を実行します。

    1. [推奨] バックアップを退避させるパフォーマンスエクステントのターゲットとしたジョブを停止して無効にします。
    2. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    3. インベントリペインで、[Scale-out Repositories]の下のスケールアウトバックアップリポジトリを選択します。
    4. 作業領域で、該当するパフォーマンスエクステントを選択してリボンの[Evacuate Backups]をクリックするか、エクステントを右クリックして[Evacuate backups]を選択します。
    5. ジョブが無効になっている場合は、有効にします。

    避難するファイルのターゲットパフォーマンスエクステントを選択すると、Veeam Backup & Replicationは残りのエクステントに指定されているバックアップ配置設定を保持するように試みます。たとえば、スケールアウトバックアップリポジトリに、次のバックアップファイル配置設定が指定された3つのパフォーマンスエクステントがあるとします。

    • エクステント1にフルバックアップファイルを格納する。
    • パフォーマンスエクステント2パフォーマンスエクステント3に増分バックアップファイルを格納する。

    パフォーマンスエクステント2からバックアップファイルを退避させる場合、Veeam Backup & Replicationによってこれらのバックアップファイルが パフォーマンスエクステント3に再配置されます。

    バックアップを退避させたら、次に進んでスケールアウトバックアップリポジトリからパフォーマンスエクステントを削除できます。詳細については、「スケールアウトリポジトリからのパフォーマンスエクステントの削除」を参照してください。

    エクステントからのバックアップの退避