暗号化されたVM

このページで

    Veeam Backup & Replicationは、VMware vSphere で暗号化されたVMをサポートしています。

    暗号化されたVMのバックアップ

    VMwareで暗号化されたVMをバックアップするには、バックアップインフラストラクチャは、次の要件を満たしている必要があります。

    暗号化されたVMのリストア

    Veeam Backup & Replication は次のリストアオプションをサポートしています

    バックアップインフラストラクチャは、次の要件を満たしている必要があります。

    VMを暗号化されたものとして指定された場所にリストアする場合は、ターゲットデータストアがVM暗号化ポリシーノードの下にあることを確認してください。

    VMに複数のディスクがある場合、必要に応じて、いくつかのディスクを暗号化された状態でリストアし、いくつかのディスクを暗号化されていない状態でリストアできます。1つのディスクが暗号化されてリストアされた場合でも、VM構成ファイルはVM暗号化ポリシーノードの下のデータストアにも配置する必要があることに注意してください。

    暗号化されたVMのレプリケーション

    VMwareで暗号化されたVMをレプリケーションするには、バックアップインフラストラクチャは、次の要件を満たしている必要があります。

    KMSを設定しない場合、レプリケーションジョブは失敗しませんが、この場合、レプリケーションされたVMは暗号化されません。

    VMを暗号化されたものとしてレプリケーションするには、VMレプリカのディスクと構成ファイルをVM暗号化ポリシーと互換性のあるデータストアに配置します。

    1. ウィザード[Destination]ステップで、[Choose near the Datastore]フィールドをクリックします。
    2. [Select Datastore ]ウィンドウで、[VM Encryption Policy]ノードの下のデータストアを選択します。

    暗号化されたVMレプリカのマルチOSのファイルレベルのリストアは、サポートされていません。

    暗号化されたVMレプリカのフェールバック

    VMwareで暗号化されたVMレプリカをフェールバックするには、バックアップインフラストラクチャは、次の要件を満たしている必要があります。

    暗号化されたVMレプリカを指定された場所にフェールバックする場合は、ターゲットデータストアがVM暗号化ポリシーノードの下にあることを確認してください。